説得力(タイプ別コミュニケーション)

説得力向上のために、相手のタイプ(思考タイプや意思決定タイプ)に応じて、伝える内容を選択/編集することは有効です。本素材では4つのタイプ分けとタイプに応じた効果的なコミュニケーション内容について学びます。

  • 意識改革
  • コミュニケーション
  • 問題解決/
    ロジカルシンキング
  • 仕事の棚卸し/
    キャリアプランニング
  • 営業力強化
  • マネジメント/
    目標管理
  • 新入社員
  • 若手
  • 中堅
  • 管理職

内容

Version1.2



よく見られる問題


マニュアル通りの営業に終始し、相手に応じたトークが出来ていない。結果としてなかなか受注に至らない。

目的の合意や企画の承認など社内で必要なコミュニケーションが説得力を欠いているために、上手く進まない



この素材での学び


相手に応じて伝達する内容をある程度変えるべきだということを学ぶ。

タイプ4つに分ける観点を学び、そのタイプ毎にどんな伝達内容が相応しいのかを知る。それを踏まえコミュニケーションできるようになることで説得力が向上する。

運用方法

所用時間80分
実施形態グループワーク
最適人数1グループ4-6名
最大人数グループは8名まで。 クラス全体としては特になし。
タイムテーブル
事前説明5分
ケーススタディ35分
解説15分
個人ワーク20分
まとめ/感想共有5分

解説動画

ご契約完了後、解説動画をご覧いただけるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。

ご契約完了後、解説動画をご覧いただけるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。

研修素材ダウンロード

ご契約完了後、研修素材をダウンロードできるようになります。こちらをご覧ください。

  • 研修素材を
    ダウンロードする
  • 解説動画を
    ダウンロードする
  • 運用マニュアルを
    ダウンロードする
  • 一括でダウンロードする(zip)

※当サイトの研修素材を閲覧するためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。
Adobe Acrobat Reader DCは、右側のボタンをクリックしてダウンロードすることができます。

Get ADOBE READER

レビュー

この素材にはまだレビューがありません

説得力(タイプ別コミュニケーション)のQ&A

この素材にはまだ質問がありません