組織に向き合うスタンス(曖昧耐性)

組織で働く以上、一定の曖昧さ(未来の曖昧さ、ルールの曖昧さなど)に向き合わざるを得ません。しかし、曖昧さに対する耐性(曖昧耐性)は高い、低いと個人によって異なり、その違いがコミュニケーションの取りにくさ、仕事へ取り組むスピードの違いなどに影響します。ある程度の曖昧さを許容すべきという観点を学ぶことで向き合う姿勢を引き出します。

  • 意識改革
  • コミュニケーション
  • 問題解決/
    ロジカルシンキング
  • 仕事の棚卸し/
    キャリアプランニング
  • マネジメント/
    目標管理
  • 新入社員
  • 若手
  • 中堅
  • 管理職

内容

Version1.0



よく見られる問題


組織内の曖昧さがフラストレーションになり仕事への取り組み姿勢が悪くなる。戸惑いによるスピード低下、他者との協働姿勢の低下、不満の発露など



この素材での学び


まず曖昧耐性という概念を知り、その上で自分自身の高さ(高いー低い)に向き合う。高すぎればいい加減な印象を持たれがちだし、低すぎれば融通の効かない印象に。その上で、良い程度の曖昧耐性を持つべき(高すぎず、低すぎず)と向き合うことで、良いコンディションに近づいていきます。

運用方法

所用時間90分
実施形態グループディスカッション
最適人数1グループ4-6名
最大人数グループは8名まで。 クラス全体としては特になし。
タイムテーブル
事前説明5分
個人ワーク20分
グループディスカッション35分
解説15分
まとめ/感想共有15分

解説動画

ご契約完了後、解説動画をご覧いただけるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。

ご契約完了後、解説動画をご覧いただけるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。

研修素材ダウンロード

ご契約完了後、研修素材をダウンロードできるようになります。こちらをご覧ください。

  • 研修素材を
    ダウンロードする
  • 解説動画を
    ダウンロードする
  • 運用マニュアルを
    ダウンロードする
  • 一括でダウンロードする(zip)

※当サイトの研修素材を閲覧するためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。
Adobe Acrobat Reader DCは、右側のボタンをクリックしてダウンロードすることができます。

Get ADOBE READER

レビュー

この素材にはまだレビューがありません

組織に向き合うスタンス(曖昧耐性)のQ&A

この素材にはまだ質問がありません