• トップページ
  • >組織人事コラム
  • >【研修内製化事例 株式会社Global Assist様 Vol.2】教育事業の枠にはまらない! 研修内製化によりどこでも活躍できる社員に育てていく

組織人事コラム

研修内製化

2018.10.05

【研修内製化事例 株式会社Global Assist様 Vol.2】教育事業の枠にはまらない! 研修内製化によりどこでも活躍できる社員に育てていく

地域に密着して、宮城・福島を中心に教育事業を展開されているグローバルアシストさん。

「Make Happiness(私たちは教育を通じて幸せを創りだします)」という理念に強いこだわりを持ち、

理念に沿った教育方針、社員教育を徹底されています。

宮城エリア エリアマネージャー兼HRM チーフマネージャーである小室さんに

研修素材.com(研修内製化支援サービス)の導入に至るまでの背景についてお話をうかがいました。





JAM:御社ではこれまで社員教育に対して、どのような考えを持ってやってこられたのですか。


小室:社長自身も社員教育や採用、いわゆる人の部分にはしっかりと力を入れるということは創業当時の苦しい時期からずっと言っていまして。

弊社は教育事業を展開していますが、やはり人が作っていくビジネスで、人が最大の資本だと考えているからです。


最初は何も育成に対するノウハウがない状態でしたので、新入社員研修やリーダー、マネジメント研修など、

外部の方に入ってもらい相談しながら研修をしてもらうことが多かったです。


JAM:御社は理念教育もかなり徹底されていらっしゃいますよね。


小室:まだまだ完璧ではないですし、やり続けていかなきゃならないですね。

創業して10年になりますが、現在中途採用/新卒採用の両方やっており、毎年、毎月、新しい社員が入ってくるので、理念浸透を大事に考えています。


JAM:具体的にどんなことをされていらっしゃるのですか。


小室導入研修で社長自ら話をすることを必ず設けるなど、基本的には会社で最も影響力の大きい人物である社長が直接話すということですよね。

それを年に数回行っています。


弊社は社長との距離感がとても近く、定期的に社長自ら各拠点に足を運んで話をしたり、研修をしたり、

夜は社員と一緒にご飯を食べて飲んだりするなど、社員との交流をすごく今大事にしてくれているんです。

あとは毎週、Web会議システムを使って、ほぼ毎週、社長自ら全社員に向けて色々な話をするという機会を設けていたりします。


JAM:社長自らが理念を語ることを会社としてとても大切にされていらっしゃるのですね。

そこから、なぜ研修内製化を進めていこうと考えられたのですか。


小室現状それらをやりつつ、まんべんなく、全員が学べる環境をつくってあげたいなというのが根本です。

これから一人ひとりがもっと成長していくためにはやはり社員全員に幅広く研修を行っていくことが必要なんです。

グローバルアシストの教育事業だけではなくて、他の分野に行ったとしても活躍できる人材、

つまり「どこでも活躍できる人材」の育成を教育ビジョンとして掲げています。

そういった中で、研修内製化のイメージを少しずつするようになりました。

タイミング的にちょうど社員教育のセクションを去年から立ち上げました。

ある時、社長から「研修素材.com(研修内製化支援サービス)ってあるよ」といきなり紹介されたんです笑

おそらく、HR系のサイトから見たんだと思うのですが。


JAM:いきなりすぎますね笑。そのあとはどうでしたか。


小室:そこからちょっと私の方で色々見させていただいて、内容に興味を持ってサンプルを取り寄せたり、

導入の際にはちょうど東京に来るタイミングがあったので直接御社までお伺いして担当の方にご挨拶やお話を聞いたりなんてことをさせていただいたりして。


そもそも世の中で、あんまりこういうサービス(研修内製化支援サービス)をやられているところってほとんどないじゃないですか。

ただ、色々と資料を見させていただいたり、お話を聞いていく中で研修素材.comは私が求めているものに近いなという感覚を持てましたね。

私自身外部研修をたくさん受けていたんですけど、そこで塾に特化した題材ではなくて、

幅広い業界/業種の題材のもとにケーススタディすることは視野が広がったので、すごく学びが多かったです。

外部環境ってどんな仕事があって、会社ってこんな構造をしていて、

営業はどういう仕事をしているみたいなことを知る機会にもなると自分自身が実感したので、

ぜひ社内でも社員に対して同じような経験をさせてあげたいなという想いが強くありました。


あとはコンテンツ自体が短くひとつひとつやりやすいだろうなというところですね。

長い時間研修をダラダラ行っても、受講者の集中力が続かないので、1~2時間ほどの短い時間にギュッと凝縮して研修を行った方が効果的だと考えています。


加えて、研修素材.comは資料だけでなく、運用マニュアルや解説動画と、サポートが整っているので、

私たちとしてはすごくスピーディに導入しやすいなっていうこともありましたね。

導入してすぐ使っていけるなと強くイメージできていました。




■関連記事