教える機会は
教える本人をとても育てる

アメリカ国立訓練研究所の研究によって導きだされた学習定着率を表す「ラーニングピラミッド」。
「教える機会で人が育つ」とはどういうことなのか。

学習定着率を高めるのに
最も効果的な方法は「教える」こと

定着率の高い効果的な学習方法

「講義」「読書」など受動的な学びは定着率が10%と低め、
「グループ討論」「自ら体験する」などやや能動的になると50-70%。
そしてこの中でも1番定着率が高いのは「他の人に教える」90%。

能動的かつ主体的に行動をする事で学習定着率が高まることを示しており、
その中でも「誰かに教えること」が最も効果の高い学習方法と言えます。

なぜ人に教えることが
学習定着率の高さに繋がるのか

1.伝えることの内容理解が深まる
人に教える場合「なんとなく」の知識で相手に理解させることは非常に困難です。
教える側が伝えるべき内容について、深く内容を理解していることが欠かせません。
その過程が学習定着率に繋がっていきます。
2.経験の棚卸しでこれまで学んだことを改めて整理する
教えるタイミングで、今までの経験で伝えられることは無いかと学んできた事の整理をします。
その過程で自分でも気付いていなかった学びが言葉となり、再認識します。
この「経験の棚卸し」によって整理された内容は、本人にとっても今後の仕事に繋がる大きな学びとなります。